積木の家

四季のある日本にピッタリなエアパス工法を取り入れよう

伝統建築を手掛ける職人

宮大工は日本の伝統的な技術を使って建物を建てており、住宅を建てる時に依頼すれば品質の高い住宅を建てられます。宮大工は木材の性質や特徴を把握しているため、その土地の気候や風土に適した木材を使って、長く快適に暮らせる住宅を建てています。

住宅を取得する方法

京都で新築を取得しようとした場合、先に土地を購入してから住宅を建てる方法と、土地と建物を一緒に購入する方法の2種類のパターンになります。安く購入できるのは土地と建物を一緒に購入する方法で、建築条件付きの土地を購入すれば、設計から希望を取り入れる事ができます。

自然に囲まれた空間設計

自然の素材を多く利用して注文住宅を、湘南では建てることが可能です。サーフボードやウェアなど大きな収納、また駐車スペースを施工し、開放感溢れる環境を満喫することができます。海に近いという、湘南ならではの地理を活かした設計も魅力で、ロケーションも抜群です。

太陽のエネルギーを有効に

女性

壁の中に空気の通り道を

最近の住宅では、高気密・高断熱の外断熱工法が主流となっています。外断熱工法では真夏の太陽光による熱を、断熱材が遮断して室内のエアコンの効きを良くする効果があります。しかし夜になると、屋根裏や壁の裏側にこもった熱気が室内に入り込み、外に放出されにくいという現象も起こります。冬はその逆で、暖房によって一旦暖まった空気が外に逃げにくいという反面、晴れているときに太陽光の暖かさを取り入れにくいという事にもなります。外断熱工法は自然の力を取り入れるというよりも、エアコンなどの機能を十分に高めるのに優れている工法とも言えるのです。エアパス工法は、外断熱工法の良さをそのままに、さらに自然エネルギーの力を有効に取り入れることができるというメリットがあります。例えばエアパス工法では、晴れている冬の昼間の太陽光による熱を、屋根裏や壁の中に蓄えることが出来ます。その熱を室内が冷える夜間に放出し、暖房器具の光熱費を抑えることが可能になります。夏場は壁の裏側に入り込んだ熱を、屋根裏から排出することにより、よりエアコンの使用を最小限に抑えても暑くならないようにする効果が生まれるのです。エアパス工法による家は、このように人がより快適に暮らすことが出来るだけではありません。自然エネルギーを有効利用しているエアパス工法は、二酸化炭素の排出量を抑える効果も生まれ、地球環境にもやさしい造りなのです。またエアパス工法は、電子機器による空調ではなく、床下換気口と小屋換気口の開閉による空気の循環によるシステムです。必要最低限の工材によるエアパス工法では、ライフサイクルCO2の排出量も大幅に削減しており、より省エネ効果の高い住宅となっているのです。

Copyright © 2017 四季のある日本にピッタリなエアパス工法を取り入れよう All Rights Reserved.