レディ

四季のある日本にピッタリなエアパス工法を取り入れよう

伝統建築を手掛ける職人

作業員

木材の特徴を熟知している

日本の伝統的な建築工法によって建物を建設するのが宮大工で、釘や金物などの材料は一切使わずに、全て木組みによって建物を建てます。そのため宮大工が建てた建物は何千年もの使用に耐える事ができ、日本の歴史的価値のある建造物は全て宮大工によって建てられています。宮大工は一般の住宅を建てる事は少ないですが、業者の中には住宅の構造や繊細な作業が求められる部分を、宮大工に依頼する事があります。日本の木造住宅は気候や風土に合わせて建てることで、耐久性があがり暮らしやすい住宅になります。宮大工は木材の性質や特徴を熟知しているため、地域の気候や風土に適した木材を使い、快適に暮らせる住宅を建てる事ができます。宮大工に依頼して住宅を建ててもらう場合には、全て手組みで住宅を建てていく事になるため工期は通常よりも長くなります。ですが支払う賃金は一般の大工と変わらず、工期が長くなった分だけ費用が高くなります。住宅を建てるときに柱や梁に美しい装飾を施したい場合には、宮大工に依頼することで、美しい木彫りをしてもらうことが可能です。一般的な大工では芸術的な木彫りをする事はできないため、こだわって住宅を建てたい人は宮大工に依頼するメリットは大きいです。金物を使わずに木組みによって住宅を建てる事で、木材の強度が高まるため地震の揺れに強い住宅になります。また宮大工は木材の伸縮を計算に入れて住宅を建てているため、住宅が古くなって木材が乾燥しても住宅の強度は落ちません。

Copyright © 2017 四季のある日本にピッタリなエアパス工法を取り入れよう All Rights Reserved.